QLOOKアクセス解析

ひそか日記

今期は「ログ・ホライズン」「バディ・コンプレックス」「鬼灯の冷徹」「ウィッチクラフトワークス」あたりを中心に。
1012345678910111213141516171819202122232425262728293012

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【 --/--/-- (--) 】 スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

RDG 第6話 感想 その1。鳳城学園生徒などの「人物」に関するまとめ

えーと…。みなさんはここまでのRDGの話って理解出来てます?
私は今回の後半は話についていくのに精いっぱいだったかな(汗)。
画面を見るというよりもメモを取るのに必死って感じでした。

RDG0613.jpg

ちょうど全体の半分の6話が終わったということもあり,一度まとめて状況を整理してみたいと思います。今回はそれほど強い感想も無かったことですし。二つに分けて,一つは「人物中心」,もう一つは「職業中心」で書いていきたいと思います。




「RDG レッドデータガール」 全12話予定
原作 - 荻原規子 「RDG レッドデータガール」 シリーズ(角川書店 / カドカワ銀のさじシリーズ・角川文庫刊)
監督 - 篠原俊哉
シリーズ構成・脚本 - 横手美智子
キャラクター原案 - 岸田メル
アニメーション制作 - P.A.WORKS

鈴原泉水子(すずはら いずみこ) 声:早見沙織
相楽深行(さがら みゆき) 声:内山昂輝

宗田真響(そうだ まゆら) 声:米沢円
宗田真夏(そうだ まなつ) 声:石川界人
宗田真澄(そうだますみ) 声:木村良平
秋乃川 玲奈(あきのかわ れな) 声:中上育実
如月・ジーン・仄香(きさらぎ・じーん・ほのか) 声:ブリドカットセーラ恵美

オープニングテーマ「スモルワールドロップ」Annabel
エンディングテーマ「予感」伊藤真澄




もともと第6話は視聴前から感想を二つ書くつもりでした。
「感想編」と「情報整理編」の二つに分けて記事を書こうかなと。ちょうど今回で全体(全12話)の半分の6話が終わるので,情報を整理するのに頃合いかなと思っていました。

しかし,見終わったら気が変わりました。
特に今回の後半は話を理解するのに精いっぱい… というか理解できてるかな? と。

視聴後にRDGに出てくる山伏や姫神などに関してググり始めたのですが,もう情報を整理するだけで記事二つ分ぐらいの長さになりました(汗)

ということで。
原作既読の方にとってはすでによく知ってる内容だと思いますが,自分のために,さらに「アニメ視聴のみ」,という方のためにも,感想は極力少なめにしておもな「登場人物」とRDGに出てくる用語,というか山伏や陰陽師(おんみょうじ)などの「職業」に関する情報を整理してみたいと思います。




◇ まずはおもな登場人物のおさらいから。
(画像は公式H.P,文章はwikiを参照)

宗田 真響(そうだ まゆら)声 - 米澤円

RDG060_convert_20130509205041.png

高等部1年A組。生徒会執行部で、日本史研究会所属。泉水子のルームメイト。長野・戸隠出身。
サバサバとした性格で、男女ともに人気がある。中等部時代の学業成績は学年2位だった。忍者の家系で、真夏と共に真澄を呼び出すなど先祖返りの力を持つ。



宗田 真夏(そうだ まなつ)声 - 石川界人

RDG061_convert_20130509205104.png

高等部1年C組。生徒会執行部で、馬術部所属。真響の三つ子の弟。
流鏑馬(やぶさめ)を嗜(たしな)んでおり、師匠が神奈川県にいるため高等部から鳳城学園へ入学したが、勉強は苦手。人より馬に関心を持つ。



宗田 真澄(そうだ ますみ)声 - 木村良平

RDG062_convert_20130509205126.png

真響と真夏の三つ子の兄弟。幼いころ心不全で亡くなった。享年6歳。真響と真夏によって呼び出されると現れる。顔は真夏にそっくりだが、見た目を自由に変えられる。その正体は真澄の幽霊ではなく戸隠の神霊(しんれい)。

※たしか神霊とふれ合える人は今では少なくなってきていて,その人たちはRDG(絶滅危惧種)と呼ばれるんじゃなかったかな。



如月・ジーン・仄香(きさらぎ・ジーン・ほのか)声 - ブリドカット セーラ 恵美

RDG065_convert_20130509205245.png

現生徒会長。容姿端麗なハーフで、いつも男ものの制服を着ている。日本舞踊を習っている。



秋乃川 玲奈(あきのかわ れな)声 - 中上育実

RDG069.jpg

生徒会執行部所属で、周囲の纏め役。仄香の親友
(公式H.Pに画像が無かったのでこちらの画像で代用)



村上 穂高(むらかみ ほだか)声 - 石田彰

RDG064_convert_20130509205226.png

初代生徒会長で、今は「影の生徒会長」。「判定者」の一人。梨園の人で、出席日数が足りずに留年した。仄香に日本舞踊を教えている。



高柳 一条(たかやなぎ いちじょう)声 - 野島裕史

RDG063_convert_20130509205209.png

高等部1年A組。陰陽師の御曹司。式神を操る。一条が操っていた式神にはリカルドや小坂がいるが、いずれも深行と真澄に消された。顔はどことなく和宮に似ている。プライドが高いが、身の危機に陥ると少し臆病になる。中等部時代の学業成績は3年間ずっと学年1位だった。



鈴原 泉水子(すずはら いずみこ)声 - 早見沙織

RDG067_convert_20130509205319.png

本作の主人公。栗谷中学校3年生→鳳城学園高等部1年生。クラスはC組で、生徒会執行部に所属する。
両親の仕事の都合で、玉倉神社の宮司である祖父に育てられる。神社は路線バスも通らない山深い玉倉山にあるため、中学までは毎日家と学校の往復の生活で世間知らず。

極度の人見知りで、クラスメイトの男子とさえまともに口を聞けないほど引っ込み思案。スポーツはどんな種目も不得意。機械類との相性が悪く、コンピュータは原因不明のフリーズを起こし、携帯電話は数カ月で壊れてしまう。幼少時代、母親から赤縁眼鏡を授けられた(裸眼では乱視と遠視が少し入っている)が、高校入学後は外している。

「姫神」(声 - 田中理恵)と呼ばれる存在に時々憑衣(ひょうい)され、彼女を封印するために、腰まで届く長い三つ編みをしている。



相楽 深行(さがら みゆき)声 - 内山昂輝

RDG068_convert_20130509205338.png

本編のもう一人の主人公。鳳城学園高等部1年生。クラスはA組で、生徒会執行部に所属する。泉水子の幼馴染。山伏の家系。

泉水子が小学校に上がるか上がらないかの頃に、父・雪政と共に3カ月ほど玉倉神社で暮らした。13歳で羽黒山で峰入り修行をした。雪政の謀りで中高一貫の進学校から泉水子のいる粟谷中へ転校させられたため、泉水子を嫌い敵視していた。しかし泉水子の頼まれごとに付き合ったり彼女を気にかける優しい一面も兼ね備えている。修学旅行で泉水子と和解するが、雪政が近くにいると不機嫌になる。眉目秀麗で女子から人気がある。普段は弓道の練習を行っている。

「深行」という名前が嫌いで、世話になった玉倉神社の人以外には名前で呼ばせず、学園では泉水子にも苗字で呼ばせている。父親が名前で呼ぶのは拒めないため、仕返しに「雪政」と呼び捨てしている。泉水子に憑く「姫神」の存在を知るものの中で、一番近くにいる。




◇ 続いて,おもに鳳城学園の生徒に関しての補足などを。

泉水子と深行はいつの間にか生徒会執行部に入っていたんですね…

現在,泉水子たちの通っている鳳城学園(ほうじょうがくえん)では,二つの大きな派閥が勢力争いをしている。真響(まゆら)派と高柳派,みたいな感じで。

また,真響を応援する大きな組織が通称・SMF(そうだまゆらファンクラブ) = 正式名称「日本史研究会」,ということでしょう。これは単に真響が人気者というだけでなく,真響が普段から高柳と同様に,自分の勢力を拡大することに熱心だという事だと思います。真響が熱心に泉水子や深行を誘ってきたのには,できれば泉水子たちを自分の派閥に取り込みたい,という思いもあったのかなと思います。



えーっ… 。
真響の「明るくて可愛い子」という第一印象がどんどん変わってきた (・⊝・;)

真響はかなりの野心家っぽいですね。また,彼女には「宗田一族」を背負って一族のために頑張るという思いもあるのかもしれない。性格的には周囲を引っ張ってゆく,ちょっと仕切りたがりの典型的な「長女」タイプでしょうか。…ってお姉ちゃんのみなさま失礼しました(笑)。



生徒会は「中立」を保つのが鉄則のようです。
今回は秋乃川 玲奈(あきのかわ れな)が真響に対してかなりキツい事を言ってるように感じました。

しかし,中立を大事にするという組織の人間から見れば,積極的に自分の派閥の勢力を伸ばそうとしてるように見える真響に対して,キツく釘を刺しておきたいんでしょうね。秋乃川玲奈や如月・ジーン・仄香には,生徒会執行部という組織を大事にしたいという強い気持ちがあるのかも。


その生徒会に対して最大の影響力を持つという村上穂高(むらかみ ほだか)が,学園内の生徒の中では泉水子に最も注目している,という構図がちょっと面白いです。上の方の人間は泉水子の潜在能力を見抜いているのに,下の方の人間はまるで気づいていない。

今回出てきた三つの勢力のトップは誰も泉水子の潜在能力を知らないんですよね。三つの勢力のトップとは,真響(まゆら)派の宗田真響,高柳派の高柳一条,生徒会派の秋乃川玲奈。まぁ,玲奈は派閥のトップではないですが。



学園の人間の大半は完全に泉水子と深行の力関係を,

泉水子 < 深行

と見てるようですね。

泉水子は深行の「おまけ」位にしか思ってなさそうな感じです(笑)。これはしょうがないかな? 「パートナー枠」自体が,メインの席にペアとして与えられる,「バスの補助席」みたいなものでしょうから。



高柳一条は,前回の話で宗田三つ子の一人・宗田真澄(そうだ ますみ)にペシペシペシペシ… とされて,もうお役御免かと思いましたが本当はかなりの実力者だったようですね。まぁ今後彼が実力者として出てくるならば,あそこまでペシペシペシペシ(以下略)としなくても良かったような(汗)。今度「高柳ペシ条さん」とかって呼んじゃうかもしれない...


深行の実力ってどうなんでしょう。

「能ある鷹は爪を隠す」みたいに深行は本当の実力を隠しているのか,それとも周囲がただ深行を買い被っているだけなのか,ちょっと不明な気分になってきました。でもやっぱり買い被っているだけなんだろうな…。深行の今の状態は,泉水子の真の姿を隠すための「隠れ蓑(かくれみの)」みたいな存在じゃないかと感じます。


ひとまず鳳城学園の人間関係に関してはこの辺で終わりにしたいと思います。
原作未読な自分の,分かる範囲で書いてみました。記述が間違ってたらごめんなさいです。


続いてRDGの山伏・陰陽師(おんみょうじ)などの「職業」に関することや,「姫神」に関する記述は,

「RDG 第6話 感想 その2。山伏や姫神などの職業に関するまとめ」

として書いてみましたので,良かったらご覧くださいませ。


☆。,・~~・,。★。,・~~・,。☆。,・~~・,。★☆。,・~~・,。★。,・~~・,。☆。,・~~・,


ここまでお付き合い頂き、誠にありがとうございます。
それではまたお会いしましょう。


↓ 良かったらポチっとな,アラホラサッサー!

関連記事
【 2013/05/09 (Thu) 】 RDG レッドデータガール | TB(3) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

RDG6話
あらあら四人でどっかへ行くの? いずみこさん…まゆらさんの田舎へ行くとか なんと生徒会執行部に入ったらしい で、二人でガールズトークv ついでにますみくんの話…6歳で死ん
【2013/05/21】 月読みの森
RDG レッドデータガール 第6章 「はじめてのお泊り」
RDG レッドデータガール 第2巻 [Blu-ray](2013/07/26)早見沙織、内山昂輝 他商品詳細を見る 宗田家に鈴原泉水子と相楽深行を呼んだのは 相楽深行の真意を見抜くためだったのか。 しか...
【2013/05/13】 北十字星
RDG レッドデータガール:6話感想
RDG レッドデータガールの感想です。 なんで争っているのかが見えて来たかな?
【2013/05/09】 しろくろの日常
カウンター
にほんブログ村 アニメ感想
↓ 押してくれると嬉しいです にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ
プロフィール

ひそか

ひそか
2010年スタート。
ダークファンタジー的な作品が好きです。
↓ 一年ぶり再開のごあいさつ文。
「ご無沙汰です」
↓ プロフィールです。
「プロフィール」を兼ね好きな作品について。

カテゴリー
検索フォーム
ツイッター
カレンダー

10 | 2014/11 | 12
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
リンク集
☆リンクフリーで、TBも大歓迎!     特にコメントなしでOKです☆


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。